新華通信社:革新を通して中国情報化の未来を支える―Inspurは世界サーバー市場の第一陣になる裏話

発表時間:2014年08月27日

1993年に中国で初めてのサーバーを発売したことから、2013年に中国で初めての自主開発したハイエンドサーバーを売り出されたことまで、Inspurは20年をかけて中国のサーバー市場の成長を牽引した。

アメリカの名著『The Third Wave』からインスピレーションを得たInspurは、国家革新発展の波に乗って一歩ずつ発展していき、終始一貫して科学技術を革新することで中国情報化産業の美しい未来を支えていく。

世界IT大手企業からの牽制を突破

2014年第1四半期に、世界サーバーの出荷量が1.4%しか増加していない環境下、Inspurサーバーの出荷量は288%の増加率で世界市場を牽引したことは、中国サーバー業者が中国市場を主導するしるしである。

20年以来、Inspurが次々に起きる技術革新を行ったことこそ、世界一になった理由である。

サーバーはコンピュータシステムにとって「運用の中核」を担うものである。上世紀90年代に情報産業はインターネット時代に入ったが、我が国の国産サーバー市場は空っぽで完全に海外からの輸入に頼っていた。

海外企業からの牽制に面して、その時Inspur副エンジニアを務めた今のInspurグループ取締役孫丕恕氏がサーバー研究・開発チームをリードし、シンガポールなど国家へ市場を変えるとともに、海外の廃棄製品を繰り返して分解し研究することで、やっと1993年に中国初めてのサーバー―SMP2000を開発した。

SMP2000が発売されたことは、中国がサーバー産業を生んだしるしであり、中国サーバー産業が第一歩を踏み出したことを示している。その後の10年で、国内IT業者は次々とサーバー産業に触れてきた。今の国産サーバーはもう共通サーバー市場の半分を占めた。

金融・通信・エネルギー・交通など重要な分野におけるハイエンドサーバーの場合、IBM、HPとOracleの三つのアメリカ大手IT企業が99%の市場シェアを有し、僅かな残りを日本の富士通が有している。

国家の運命に関わる核心情報が海外サーバーで運用されることは、情報の安全問題を無視できない。2003年より、Inspurは「ハイエンドを陵駕する」夢を持って、世界サーバー技術の頂点に上がるため新しいチャレンジをめざした。

2013年当初から振り返ってみると、中国初めての自社知的所有権を有するハイエンドサーバー―32ビットプロセッサを拡張できる天梭K1システムが売り出されて、アメリカ・日本の次にこの核心的技術を身に付けた三つ目の国家であり、海外企業との技術力の差は昔の30~50年から2~3年に大幅に縮小した。

産業化のギャップを乗り越え

Inspurハイエンドサーバーを通して、Inspurグループが科学技術の頂点に立つため力を尽くしている姿を見ると、1945年に小さなワークショップから世界一番早い中国語バージョンのポケベルを作るまで、中国初めてのPC機器から中国初めてのサーバーまで……革新があるこそ、Inspurが再度市場を牽引することができた。

核心的技術突破の新起点に立って、どうやって市場応用へ導く道を見つけるのかがInspurサーバー産業の発展にとっての新しいチャレンジである。

国際ブランドは先に市場へ入った優位性を頼って、製品・技術・ルート・サービス・販売などの面でしっかりと国内市場をコントロールしている。中国サーバーの技術進歩に直面する中で、海外のメーカは絶えず条件を追加することで中国製品が国内での誕生や発展を妨害している。

「海外ハイエンドサーバーは中国での平均売価がアメリカの2.4倍となり、Inspur天梭K1の価格ははるかに安かったので、重要な情報を保証することに役に立つ」と中国工程院の学士院会長の倪光南氏が言った。

去年生じた「監視プログラム」の件は、情報化産業を国産化に向ける応用を客観的加速した。普及させるのが難しいが、一年以来、Inspurハイエンドサーバーは金融・エネルギー・公安・財税など複数の重要な業界で「希望の光」が輝いてきた。

サプライ・チェーンを上り最高峰の位置へチャレンジ

世界を顧みると、新しい情報技術をめぐる戦いはすでに出てきていた。どうやって革新を長時間に保ち、競争の中で優位性を持つのが、Inspurの新しい課題となった。

より高い目標をめざし、InspurはITサプライ・チェーンの構築へ目線を変えた。

サプライ・チェーンの面では、サーバーは初めての一歩であり、産業化を実現させるため、制御システム・データベース・ミドルウェア及びアプリソフトウエアを搭載する必要がある。

グループの最高科学者の王恩東の話によると、今のITサプライ・チェーンでの核心的技術はアメリカの手の中に握られて、特に一番核心であるミドルウェアとデータベースは互換できないため、アプリを拡張することもできない。

「核心的技術は国にとって競争力復活の切り札であり、市場で変えられないものである」と王恩東が言った。ハイエンド製品の64ウェイサーバーを研究・開発する同時に、Inspurは国内の主要なIT企業と手を組んで重要な応用分野に向けるIT産業同盟を作り上げている。

現在、その産業同盟には38国家のIT企業を集められ、強大な革新力を集めて、中国の経済が世界における着実に進歩することを押し進める。(新華通信社記者韓潔、王志