李克強総理がInspurを視察、中国のクラウドコンピューティング、大容量データの波乗りになるよう激励

発表時間:2014年07月28日

7月25日午前、共産党中央政治局常務委員、国務院総理李克強は国務委員兼国務院秘書長楊晶、山東省党委員会書記姜異康、山東省党委員会副書記、省長郭樹清とともにInspurを視察した。Inspur集団の董事長、CEO孫丕恕が総理一行を接待した。

Inspurのクラウドコンピューティング革新センターで、孫丕恕はInspurが中国の情報産業の発展をリードする歩みを四つの時代に分け、クラウドコンピューティングの産業構造、及びInspurの天梭K1大容量CPUなど、重大な革新成果が技術や市場普及に及ぼした成果を李克強総理に報告した。李克強総理はInspurが情報化重要設備領域においての自主創造能力や国家情報安全の防衛においての実力を高く評価した。

李克強総理はスマートシティー、政府官庁サービス、マーケット監督、民生、大容量データサービスなどの業界のクラウド応用及びサービスを重点的に視察し、Inspurがクラウドコンピューティング、大容量データなどの新興技術を用いてマーケットの信用システムの構築や政府官庁のサービスの向上を支援していることを高く評価した。

視察が終了後、李克強総理はInspurの社員と丁寧に握手して挨拶を交わした。李克強総理は、クラウドコンピューティング、大容量データの領域においてInspurは全国をリードしている。Inspurが世界の未来に向けて、中国のクラウドコンピューティング、大容量データ領域の舵取りになってほしい!国や国民のため福祉に貢献し、政府が国民へ提供するサービスを支援すべきと述べた。