新華社:中国のサーバー市場の出荷量は厳しい情勢の中で第一四半期に29%の高成長を実現

発表時間:2014年06月06日

新華網北京6月3日(記者韓潔)アメリカのIT市場の研究会社Gartnerの最新データによると、2014年第一四半期、全世界のサーバー出荷量は230万台で、前年同期比1.4%の成長に留まった。これに比べ、中国のサーバー市場は29%の高成長が実現、出荷量は42.7万台に上り、世界のサーバー市場の成長の最大な動力になった。

注目すべきは中国のサーバー市場で、本土企業のシェアが大幅に伸び、その中でInspurのサーバー出荷量は80929台で市場シェアの19%になった。これは中国1位、世界5位であり、前年同期比で288%成長し、世界で最も成長の速いメーカーとなった。Inspurは中国にサーバーの統計データが始まってから、初めて出荷量一位を獲得した本土企業になる。

中国のサーバー市場の構成の変化はすでに世界のサーバー市場の構成に影響を与えている。中国の市場の影響を受け、アジア太平洋地区の出荷量は同期比べて18%の伸びとなり、その他の地域は全部下落した。かつてリードしていたアメリカのメーカーは、IBM、HPやデルの市場シェアは2013年同期の49%を38%まで下落させ、その中でもIBMのサーバーの下落幅は25%に達した。

業界の関係者によるとインターネット領域の増強は、中国の本土企業のシェア増加の重要な原因である。中国のインターネット運営業者は大規模なデータセンターの建設を行なっていて、外国の大手メーカーではなく、本土の企業からサーバーを購入している。例えばInspurはこの四半期にBaidu、アリババ、QIHUなどの運営業者から大規模な注文を獲得した。このような動向の形成は、中米間の情報安全の争いによるものであるが、国産サーバーの値段が安いこともその一因である。

サーバーはコンピューターシステムの運行を支える心臓や中枢神経のような役割を持っている。現在、中低レベルのサーバー市場では、中国はすでに外国のメーカーの技術に追いつき、本土企業も市場の半分を占めている。

しかし、長期間、高級サーバーの市場において、中国は金融、通信、エネルギー、交通など国家の命脈に関わる重要な情報システムを外国のコンピューター本体に依存してしまい、高級サーバーの99%以上の市場が外国のメーカーに占められている。これを背景に、近年は中国も国内企業の自主開発への支援を強化し、国産化製品を外国製品に代替することを支援して、世界のIT大手メーカーの制約から脱却しようとした。これによって本土企業のサーバーは発展のチャンスを迎えた。

(2014年06年03日18:56出所:新華網)