Inspurインークラウド、デスクトップクラウドの一体機が世界第5番目にvSAN認証を獲得

発表時間:2014年05月16日

先日、Inspurインークラウド、デスクトップクラウドの一体機はvSAN認証を獲得した。これによって、Inspurは世界5番目、国内初めてこの認証を取得したクラウドコンピューティングのメーカーとなり、クラウドコンピューティングの領域においてのリード地位をさらに固めた。

vSANとはVMwareが今年3月に正式に登場する新しいフィクションCPUインターネット技術であり、vSphereフィクション機に向けて提供した新しい重合式仮想化管理プロセスのメモリ機能である。具体的な需要によってメモリ情報をダイナミックに各アプリケーションに配り、柔軟で、効率的、経済的なフィクション機共有を実現することができる。vSANはVMwareが推進している「ソフトウェアによってデータセンターを定義する」策略の重要な技術の一つである。

調べによると、vSAN認証を取得したInspurインークラウドデスクトップクラウドの一体機はInspurが業界のアプリケーションの特徴を考えて、中小機構に向けて発売したデスクトップ仮想化の試案型製品である。この製品は先端の計算、メモリ及びネット設備を一体にし、デスクトップ仮想化管理ソフトウェアを内蔵し、デスクトップのユーザーの規模によって水平面拡張を容易に実現することができ、中小機構が仮想化に対して柔軟で、融通性のある需要を満足することができる。今回、vSAN機構から認証されたことは、Inspurがサーバー、メモリやデスクトップ仮想化を含めた一体化仮想化ソリューションの先端性を体現し、InspurがvSANという業界の新しい技術に対しての迅速な吸収や製品の転換能力の表れだ。

情報によると、vSAN認証のプロセスは非常に複雑であり、広く注目されていたけれど、今まではCISCO、デル、富士通と超威の四社の外国企業しか認証を得られなかった。調べによると、vSAN認証を得るには5重の認証をパスして包容性を確保しなければならず、サーバーのvsphere 5.5認証、SAS/SATAの I/O又はRAIDコントローラ認証、ネットワークコントローラ認証、HDD認証及びSSD認証が含まれる。

Inspur集団のシステムソフトウェアのマネージャー張東によれば、仮想化がInspurのクラウドコンピューティング戦略の重要な支柱であり、今回のインークラウドデスクトップクラウド一体機がvSAN認証を取得することによって、コストを大幅に低減し、管理を簡素にし、より効率的なクラウドコンピューティングソリューションをユーザーに提供することができる。また、より多くのパートナーを誘致し、Inspurの製品を採用して仮想化領域に使用し、クラウドコンピューティング産業の生態体系の構築を加速することができる。

vSANソフトウェア定義メモリソリューションは新しい結合式仮想化管理プロセスメモリ機能を提供でき、VMware vSphere中核を直接に組み込む方式によってフィクションメモリ配列を創出し、VMware ESXiサーバークラスターのフロッピーを固定式フロッピーと融合して資源池となし、共有式物理メモリメカニズムへの依存から脱却した。多くのユーザーにとって、ローカルハードディスクのメモリのvSANを十分に利用すれば、配置コストが下がり、簡素化した管理プロセスは運行の難易度を低減することができる。