Inspur : 2016 年の第 1 四半期から第 3 四半期において世界で最も急速な成長を遂げたサーバー・ベンダー (Gartner レポート)

  Gartner の最新のグローバル・サーバー市場レポートによると、2016 年の第 1 四半期から第 3 四半期における Inspur サーバーの出荷台数が前年比で 28% 増加し、Inspur は世界で最も急速な成長を遂げているサーバー・ベンダーとなりました。売上高は 18.2% で中国市場において最大のシェアを占めており、最近の 9 四半期のうち 6 回は Inspur が中国市場で首位に立っています。

  同レポートによると、2016 年の第 1 四半期から第 3 四半期における世界の X86 サーバーの出荷台数は 810 万台であり、前年比で 0.5% 増加しています。売上高は 343 億ドルに達し、前年比で 2.8% 増加しています。エンタープライズ需要の低迷や、大規模なデータ・センターの需要の伸び悩みなどが原因で、世界的な需要の落ち込みが見られましたが、このような状況にもかかわらず、中国での X86 サーバーの出荷台数は前年比 10% 増で 181 万台に達し、世界市場の成長の原動力となっています。中国での売上高は 71 億ドルに達し、前年比で 16% 増加しています。

  中国市場での主な出荷製品は 2 ソケット・サーバーです。Inspur の 2 ソケット X86 サーバーの出荷台数は前年比で 24% 増加し、同 3 四半期における Inspur の売上実績に大きく貢献しています。中国では、Inspur は 5 年連続で国家電網公司の中央調達部門の入札で受注業者に選定され、中国の 3 大通信事業者である中国移動通信、中国電信、中国聯合通信から非常に多くの発注を受けています。

  インターネット事業者の購入需要は引き続き高い状況です。高密度マルチノード・サーバーは、主にインターネット事業者を対象として、同 3 四半期で 15 万台以上の売上を記録しています。この市場区分での Inspur の売上シェアは、中国市場で初めて 34.4% に達しました。主な出荷製品は SR ラック・スケール・サーバーであり、アリババ、百度、中国移動通信などの大手インターネット事業者から 10 万ノード以上の発注を受けています。また、新しくリリースされる SR4.5 も大口の受注を開始し、テンセントのクラウド・ストレージ・アプリケーションのテスト中です。SR4.5 ラック・スケール・サーバーでは、TCO (総所有コスト) が従来のサーバー・クラスター方式と比較して 30% 削減されています。

  中国の 8 ソケット X86 サーバー市場では、Inspur は 43.6% の市場シェアを獲得しており、12 四半期連続でこの市場区分の首位に立っています。Inspur の 8 ソケット・サーバー TS860G3 は、2016 年第 4 四半期に SPEC (The Standard Performance Evaluation Corporation) のテストで再び世界記録を更新し、「Best Computing Performance」を受賞しました。この 8 ソケット・サーバーは、HANA (High-performance Analytic Application) のデータ・インテリジェンス、トランザクション処理、クラウド・コンピューティングの統合ソリューションが評価され、多くのエンタープライズ・ユーザーに使用されています。

  Gartner のデータによると、現在 Inspur は世界トップ 5 のサーバー・ベンダーの1 社となっています。Inspur グループの副社長 Peter Pengは、グローバル化されたオペレーティング・システムを構築するためのグローバル戦略を Inspur が加速させていると述べています。Inspur の米国市場および欧州市場への影響の急速な拡大や、クラウド・コンピューティング・サービス・プロバイダーのような新たな主要顧客の開拓が成功していることについて、Pengは、このような事業拡大によって Inspur は段階的に発展し、世界有数のクラウド・コンピューティング製品およびソリューションのプロバイダーとなり、2020 年までには世界トップ 5 からトップ 3 に飛躍しているだろうと述べています。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务