首页-新 > 弊社について > 会長兼CEOからの挨拶

Inspurグループ会長兼CEO:孫丕恕

会長からの挨拶————実践が成功を生み 革新が未来を変え

Inspur(中国名:浪潮)ブランドの名前はアメリカ未来学者アルヴィン・トフラー氏が1980年に出版した『第三次浪潮』が由来である。1983年、私たちは自主研究製造した初のパーソナルコンピューターに「浪潮」と名前を付け、情報化時代の波をさらに大きくするという期待を込めた。

事実上、Inspurは電子情報業界に従事しているが、決してPC業界から始めたわけではない。一昔前の1969年、山東電子設備工場は低周波ハイパワー電子管とコンピューター周辺設備の生産と研究を行っていた三十年以上の間、私たちはこの業界において豊富な技術と経験を積み重ね、Inspurは早くも中国で最も影響力のあるIT企業の一つとなってきた。この期間の間、三つの重要な原則がInspurが闘志をみなぎらしながら道を歩んできて、中国IT産業の大黒柱となったことを指し示し、その三つの原則とは実践、革新とスピード対応、正確な実行である。

開放式のPCシステムは20年間で人々の生活を徹底的に変え、インターネットはさらに以前にはない速度で生活方式の変革を推し進めているこの二点には共通点があり、それは互換性と開放性である最新の技術成果は普及に最も有効な方式で以て産業に対する転化を行うことができ、これはまさに現代ITの精神の本質であり、また私たちが理解する実践の精神でもある。この精神はInspurが製品画策、研究開発から市場推進と管理の方面を指導している。また私たちがユーザーニーズの方向に沿って正確に前進することを保証している。

革新はIT基盤技術研究開発から具体的応用までのあらゆる方面において体現されている「一技先では天下を取れない」、急速に発展するIT産業に身を置きながらも、革新的技術と理念がなければ、企業は非常に危険な状況に陥るInspurの30年間におけるIT産業の道は、同様に革新的思想に沿って安定的に前進してきた。

スピードはもう一つの原則であるユーザーに対して創造する価値のスピードであろうと、企業内部の経営管理であろうと、スピードのある対応は永遠に成功へと向かう鍵である同時に実行力を求めるなら、プロセス化は正確な実行の重要な保障であるスピード反応、正確実行を行うことにより、私たちは一瞬に様々に変化する外部環境に対応することができ、鮮やかな思想はここから不断に前進していく。

情報化はすでに人々の生活を変え続けており、Inspurは情報化を以て社会発展を推し進める道を三十年以上歩んでおり、Inspurはこの道に沿って継続して歩み続けてもいる。なぜなら私たちはこのブランドが持つ責任を深く理解したからである。この責任はユーザーや株主からきただけではなく、さらに重要なことは、その責任がInspurの社会に対して背負っている逃れることのできない責任であることである。

中科汇联承办,easysite内容管理系统,portal门户,舆情监测,搜索引擎,政府门户,信息公开,电子政务