技術サポートE-mail:meixj@inspur.com お問い合わせE-mail:meixj@inspur.com
ホーム > ソリューション > 人気話題 > パブリッククラウドソリューション

当社の機敏でグレードアップできるソリューションで高価値を提供する

10年以上の公共クラウドインフラR&D及びカスタマイズ経験を持つInspurはあなたのビジネスの成功に協力する信頼できるパートナーである

ソリューション

「クラウド」は近年大変注目されている。IT組織は予算内で継続的に増加しつづけるニーズの満足並びにより効率的にビジネスをサポートすることに取り込んでいる。 正しく執行できれば、クラウド-ベースソリューションはこれらの課題の解決に貢献できる。 競争の激しさが増しているから、関係者は仕事を遂行するためにITにリソースとサービスの提供を求めている。これらのニーズに反応するために、IT はリソースへの負担の大きさに関わらずアプリ及びインフラ部品がニーズを満足できる環境を作らなければならない。この随時要求を満足できる環境を作るには、ITはデータセンターのインフラを変えなければならない。ITは基礎となるストレージ及び計算プラットフォームからサービスのデカップリングを実施することで予想できる自動的なサービス提供を可能にしなければならない。基礎となるインフラ プラットフォームからのサービスの抽象化は近代化、変身したデータセンターの中核となっている。 達成方法はリソースの統合をより小さい、より効率的データセンターフットプリントに取り入れる一連のステップによる。仮想化技術はニーズに応じて提供できる計算及びストレージリソースプールの創出に使われる。また、IT管理の自動化及び供給プロセスはIT アドミを作る

新しいもの

"現在、ITが直面している課題を語ると、クラウドに基づくソリューションに対する興味がかけていない。クラウドに対する予測は公共クラウド サービスのためであっても、プライベートクラウドを構築するインフラであっても変化する。これらの予測は数多くの因子及びハードウェア、ソフトウェアかサービスが絡んでいるかにより異なる。何といっても、18%から20%までの年間成長率は典型的でIT市場で印象的な数字である。

クラウドへの興味が深いにも関わらず、クラウドに移転する方法、タイミング及び形式などの決定は数多くの組織で検討段階に停滞している。ITアーキテクチャ及びアプローチに関するその他の決定と同じで、クラウドは関係者ニーズ、既存IT資産及び資産の利用方法に対する深い理解が必要とする。ビジネスは関係変革を歓迎しサポートする意向と能力を持たなければならない。

最も真剣に考えている一部の組織はセキュリティとコントロールをクラウドに取り込むことに直面している。従来のデータセンターは制限があるが、一旦会社に導入された後、ITは厳しく管理できるが、クラウドに移転することはこのコントロールの一部か全部を放棄することを意味する。それでセキュリティに対する懸念はクラウド導入の停滞若しくは中止に至る可能性がある。これらの懸念はデータが敏感的で、作業負荷が重要な場合更に顕著になる。

組織はクラウドのタイプを選択できる: ホスト、プライベート、ハイブリッド。社外のベンダーはホストクラウドを所有し管理する、プライベートクラウドは社内にあり会社に完全に管理される。ハイブリッドクラウドはホストとプライベートクラウドを結びつけている: よく選択されたアプリとデータは1つかそれ以上の公共クラウドに配置され、敏感的データ及び重要任務をおうアプリはプライベートクラウドで執行する。この2環境に完全な統合性がある。公共クラウド提供者は高安全性のマルチテナント環境の提供を宣言しているが、セキュリティへの懸念で数多くの組織はプライベートクラウドに着手している。既に実施した一部の会社は今までの経験及び成績を元に、一部の作業負荷を公共クラウドに移す自信を持ち、具体的なやり方も把握している。

同じく、早急に関係者の要求を満足することはデータセンターの現代化を意味する。こうするには、プライベートクラウドの長所を完全に利用するステップを含む。完全なプライベートクラウド はITの 「サービス-駆動」を実現する作業の倫理的拡張である"

特徴

"プライベートクラウドインフラ及び課題

競争によるプレッシャは組織による ITの内部関係者の活動をサポートする能力の改善、並びにビジネスに最高の利益をもたらすことを駆動している。

例えば、エルオービーマネージャは必要なビジネスアプリ及びデータに随時アクセスできるようになる必要がある。開発者に新しいビジネス-戦略的アプリの創出、資格付与及びテストのためのリソースをタイムリーに提供する能力が必要となっている。

これら及びその他エンドユーザの様々な切迫した要求をサポートするために、ITの重点をサイロ型インフラに絡むメンテナンスアプリからよりサービス-指向モデルに移転する必要がある。

サービスオリエンテーションに変換することは、実現すれば、顕著な価値をもたらすが、いくつかの課題も考慮に入れなければならない:

Ÿ   より効率的な資産活用。

リソースの統合化で顕著な節約が実現できる。その結果として、これらのリソースはより効率的に利用され、最終的に必要でない予算の削減に繋がる。達成するには、スキル、技術、さらにケースによって、新しい組織構造か提携が必要となる。

Ÿ   混乱の最小化。

適切な計画がなければ、新しい技術とプラットフォームを正式に実行するとき、 変換は運営に著しい混乱を与える恐れがある。新しいプロセス及びスキルを発展し勉強しなければならない。ダウンタイム及びビジネスの損失を最低限に食い止めるために、この新しい、近代化のインフラは既存資産により、快速に構築し配置しなければならない。

Ÿ   アプリ複雑性の管理。

一般的にアプリは膨大な存在で、異なる技術により作られ、幅広い作業要求に対応している。一部はバーチャルで、一部はそうではない。よって、既存アプリのタイプ、現在利用されているアプリ、並びにそのストレージ、ランタイム及び各アプリの統合要求をしっかり把握することが重要である。こうすると、一旦これらのアプリを新しく変換されたデータセンターアーキテクチャに移転すると、顕著な利益を獲得できる: 組織は高い機敏性、価値獲得期間短縮、並びにより適切なリソース利用が見られる。

Ÿ   自動運営。

即時対応で機敏性を持つアーキテクチャへの移転は新しいツール及び 容量並びに組織及び運営プロセスの改善が必要となってくるかもしれない。リソースの提供、管理などのプロセスの自動化は変換されたデータセンターの効率、速度、パフォーマンス及びコストダウンを図るには重要である。こうすることでITの生産性アップに繋がり、ビジネスに有利な戦略的タスク により多くリソースを投入できる。

プライベートクラウドの手順

完全なプライベートクラウドの導入があなたの目標になっているか、お使いのデータセンターインフラの一部かすべてを変換し近代化にしたい場合、成功できるかは実行するアプローチ次第である。費用対効果の高い、効率的な基礎作りをはじめとする体系化した、マルチステップのプロセスを利用することで近代化とサービス-駆動環境のバランス取りに貢献する。

従来のITをプライベートクラウドに変換する方法に主に4つのステップがある(図1を参照)。目標は必要なリソース及びサービスレベルを関係者に提供できるITサービスの統合した効率的な管理プールの構築である:
Ÿ

Ÿ   統合化

第1ステップは資本支出 (capex)、スペースと利用コスト、並びに必要な管理リソースの削減で全体コストの低下を目的に ITフットプリントを削すること。目標は1つのインフラプラットフォームですべてのデータ及び作業に対応すること。具体的にはコストの最低化及び実用性の最大化で効率をあげる。統合はストレージプラットフォームだけ対象とする場合、計算リソース、またはケースによって、すべてのリソースの「統合型」インフラ の形を取る場合がある。すべてのケースにおいて、統合したインフラはより効率的で費用対効果が高い。統合化活動は顕著な「リップか交換」が要らず既存のリソースのバランスを取れば、その効果はさらに顕著になる。

Ÿ仮想化。

第2ステップはより高い価値の獲得並びにもっと効率的になることを可能にさせる。あなたはファイル、ブロック、オブジェクトストレージ、サーバー及びアプリを含むすべてのリソースのシングルバーチャルプールが作られ、このプールでこれらのリソースを一括で管理する。結果としてこのプールにあるリソースは随時に動的に提供できる(図2を参照する)。この操作による機敏性の創出でリソースが未使用の旧来のアプリ かプラットフォーム「silos」に占有されずその他のところに利用できるから利用の最大化を図れる。

理論上、この仮想化はストレージと計算 リソースがタスク達成のために同時に働くシングル、統合型インフラに応用できる。それで、新しく仮想化した容量の活用にプロセスを修正しなかればならない。ITスタッフに教育を実施し、ビジネス関係者に新しいプロセスを認識させる必要がある。

Ÿ自動化。

第3ステップはIT管理及び管理プロセスの自動化でIT及び関係者の生産性アップを実現するサービスレベルの約束を果たす能力を強化する。統合した計算プール及びストレージリソース、並びに複雑な混合アプリからなっているインフラを応用するとき、自動化はタスク管理と提供の負担を軽減できる。自動化はより早い速度とより高い安定性でサービスを提供できる。新しいプロセスが簡素化された以上、自動化は高効率の IT組織を作る。このようなアプローチで政策は効率よく執行でき、ヒューマンミスによるリスト低減を図れる。"

会社概要

Inspurグループ パートナー ニュース

サポート

ダウンロードセンター

購入方法

購入方法

連絡先

連絡先 当社と提携する

INSPURをフォローする

Facebook Instagram Twitter

Copyright © 2018 Inspur. All Rights Reserved.

inspur logo
  • お問い合わせ:

    09042006344