グループ紹介

テクノロジーで企業成長を推進

Inspurグループは、中国最先端のクラウドコンピューティング、ビッグデータサービスプロバイダーであり、以下の4つの会社で構成されています。Inspur インフォメーション、Inspur ソフトウェア、Inspur インターナショナル、Inspur Huaguang。それらは、クラウドデータセンター、クラウドサービスとビッグデータ、スマートシティ、スマートエンタープライズの4つの大きな業界のグループをカバーしています。Inspurは100以上の国の地域の政府や企業の情報ニーズを満たすIT製品とサービスを提供しています。2018年、Inspurは、世界をリードするクラウドデータセンターとクラウドサービスプラットフォームに基づいて、企業のプラットフォームタイプのエコシステムを構築するためのデータファースト戦略を特定しました。Inspur はパートナーと協力して、データのソーシャル化を促進し、クラウドサービス、ビッグデータ、スマートシティの「新しいオペレーター」へのトランスフォーメーションのペースを加速させます。目指すは「クラウドとデータ」を融合した新しいインターネット企業。

中国のIT業界の発展をリードする

Inspur は世界で3番目に大きいサーバープロバイダーであって中国ではNo.1です。ERP市場では連続的に16年間および電子政府クラウドサービス市場では連続的に5年間主導する役割を果たして来ました。Inspurは、安全で信頼性の高い8つのコンピュータ情報システム統合の主要企業の1つであり、中国初のミッションクリティカルサーバーであるK1を独自に開発し、5番目の企業になり、そして中国はアメリカと日本に続いてハイエンドサーバーのコアテクノロジーを習得した3番目の国になりました 。K1は2014年に国家科学技術進歩賞も受賞しました。

テクノロジーイノベーションの長い歴史

1940年代に設立されたInspurは中国初のITブランドの1つです。  それ以来、Inspurは40年以上、テクノロジーイノベーションを原動力としてITの冒険を始めました。Inspurは、前向きなテクノロジーイノベーションをもたらし、中国のIT業界を重要な段階から推進してきました。

グループ発展のコース

2016年

Inspur は次世代のミッション クリティカル サーバー M13 をリリースしました。これは、Inspur がそのようなメインフレームを開発した世界で 2 番目の会社であることを意味します (IBM が最初の開発者です)。

Inspur Tiansuo K1システムは、2014年に国家技術の改善で1等級の報酬を獲得しました。

2015年
2013年

Inspur は K1 システムを独自に開発、およびリリースし、中国のミッションクリティカルサーバーのギャップを埋めました。

Inspurは、中国初の32ソケットのハイエンド フォールトトレラント コンピューターを独自に開発し、世界でそのようなコンピューターを開発できる5番目の企業になりました。

2011年
2010年

Inspurの「高パフォーマンスサーバーとストレージテクノロジーイノベーションプロジェクト」は、2009年国家科学技術進歩賞の「企業テクノロジーイノベーションプロジェクト賞」を受賞しました。「Tiansuo TS30000 ハイエンド 商用 サーバーシステム」は、国家科学技術進歩賞の二等賞を受賞しました。Inspur は、コンピュータ分野で技術製品と企業の両方の賞を受賞した唯一の企業でした。

Inspurの64ビットサーバーは、2005年に、ITのトップテクノロジー進歩賞である国家科学技術進歩賞の二等賞を受賞しました。2005年12月9日、Inspur Groupの「高コストパフォーマンス・高パフォーマンスサーバアーキテクチャ設計・トランザクション処理最適化技術」プロジェクトが、2005年度「情報業界技術発明賞」で最優秀賞を受賞した。
2005年
2004年

Inspur サーバーは、2004年に商用インテリジェントTCP-Hの世界記録を破りました。これまでにInspurサーバーは80以上の世界記録を更新または新設しています。

Inspurのエンジニアは、中国初のマイクロサーバーを開発しました。その後の10年間で、Inspur は中国における外国のサーバー メーカーの長年の独占を打ち破り、中国のサーバー業界に新しい時代をもたらしました。
1993年
1990年

Inspur は世界初の漢字ページャーを開発し、世界初の漢字ページング規格をカスタマイズしました。この規格は現在も使用されています。

最初の Inspur PCが製造され、中国のIT開発における新たなマイルストーンとなりました。Inspurが率いる3つのPCメーカーは、中国のPC業界を繁栄と急速な発展の時代へと駆り立てました。

1983年

グローバル化

Inspurは、そのプレゼンスを世界中の100以上の国と地域に拡大し、研究開発拠点と工場はアメリカ、日本、香港にあり、支店とデモセンターは26か国にあります。

グループの強み

グローバル パートナー エコシステム

Inspur は、世界中で 1,000 を超える大規模、および中規模のチャネルエージェントと 1,000 を超えるパートナーがいます。その製品とソリューションは、グローバルデータセンター、高パフォーマンスコンピューティングセンター、税金、教育、スマートガバメントで広く採用されています。Inspur は、シスコ、IBM、Microsoft、LG、エリクソン、Diebold Nixdorf などのフォーチュン500企業とのJVを設立する一方で、Intel、SAP、VMWARE、NIVIDIA、レッドハットなどとの戦略的パートナーシップも確立しています。Inspur は UPTEC とも協力して、インドでソフトウェアに関する人材育成しています。

独自の強力な研究開発能力

基本テクノロジー、汎用テクノロジー、キーテクノロジー、プロセスおよびエンジニアリングテクノロジー、業界計画を含むイノベーションシステムにより、Inspur はアジア太平洋で最高のフレキシブルなサーバー生産ラインと 研究開発センターを所有しています。Inspur は、中国初の主要なソフトウェア企業の一つであり、アメリカ、日本、香港にも研究開発センターを設置しています。

国際機関に広く認識されている

Open Stack、SPEC、TPC を含む多くの本格的な国際機関のメンバーである Inspur は、現在、世界の一流メーカーです。過去数年間、InspurはTPC-E、TPC-H、SPECAppServer、SPECPower など、80回以上のテスト記録を破ってきました。

継続的なイノベーションでリードする

Inspur は、かつてないスピードで、ソフトウェアとハードウェアの両方で際立つ大規模な IT グループとして、イノベーションと現実的な姿勢に導かれ、業界全体で情報化を推進し、人々の生活を変え、人々の夢をスピーディーに実現する IT アプリケーションを作成し続けています。Inspurでは、ハードワークが成功をもたらし、イノベーションが未来をもたらすと信じています。Inspurは今後も、ユーザーに高品質な製品とサービスを提供し、ITアプリケーションを通じて社会の発展を後押ししていきます。Inspurはユーザーと共に、世界を探検するという情熱を持って新しい夢を実現しています。